シナモンの育毛効果とは

独特の香りが魅惑的なシナモンは、ホットドリンクに添えられたり、お菓子にも使用される香辛料です。そんなシナモンに、育毛効果があると言われています。皮膚の毛細血管機能を、良い方向へと向かわせるため、育毛や美容効果も期待ができるものです。頭皮の毛髪の成長のためには、育つための栄養素が必要です。しかし血液の巡りが良くなければ、成長に必要となる栄養成分は、頭皮には行き渡らず、毛髪にも届かないことになります。栄養素を届けるためには、血管も血流も健やかな状態でないといけません。壁細胞と血管内皮細胞という、2重構造よりできているのが皮膚毛細血管です。年齢を重ねるごとに、この壁細胞は徐々にはがれはじめます。このはがれてしまうことは、結果的に末端に血液が届く前にもれやすくもなります。栄養成分は末端に到達でいなくなって、トラブルは発生しやすくなります。血管内皮細胞内に存在する受容体の働きが、低下していくために毛細血管は順調ではなくなるのです。常用帯における活性化が弱くなるのは、細胞機能の衰えにもなります。年代的には、40代後半にもなると、受容体の低下が出てきます。毛髪にハリやコシがなくなるのも、こうした要因が関わっています。シナモンには桂皮エキスが含まれていて、これによって受容体のTie2を、元気に活性化させる作用が働きます。こういった流れで、毛細血管の機能は活発になるというわけです。毛細血管より、頭皮も毛髪も栄養を受け取っています。その栄養素を受け取ることで、順調な育毛ができるのですから、シナモンは毛髪の成長にも一役かってくれると言うわけです。毛細血管拡張で血行をよくさせるためには、毎日シナモンを、小さじに0.6g程食べるようにするといいです。

シナモンで育毛する方法

シナモンには育毛をサポートするとともに、皮膚や筋肉、骨や歯に内蔵などにも良い成分が含まれているものです。スティック状のタイプもあれば、パウダーのシナモンもあります。歴史の古シナモンは、これまでに世界的にも香辛料として使用されてきた、馴染み深いものです。樹皮を剥いで乾燥させたのは、シナモンスティックです。粉状にしたのがシナモンパウダーであり、洋菓子のトッピングにもよく見受けられます。シナモンは育毛にも良い成分が、たっぷりと含まれてます。身体の構成成分であるタンパク質に、エネルギー源ともなる脂質や炭水化物、脂肪や脂質代謝や皮膚や毛髪の健康維持にも必須の各種ビタミンも含まれています。ビタミン成分は、疲労回復にも役立ちますし、ストレスの緩和にもなります。血管を強化したり、骨や歯の構成にも必要な、鉄やカルシウムなどのミネラルも含みます。シナモンでの育毛促進や抜け毛防止効果を得るためには、シナモンを食べることが基本となります。洋菓子などにパウダーをふりかけてもいいですし、ドリンクや料理に、香辛料として使用するのもいいでしょう。シナモンを1日に摂取する量の目安位は、0.6gほどです。シナモンパウダーの場合は、小さじ1/2杯から1杯ほどになります。コーヒーや紅茶に入れて溶かしてもいいですし、ドリンクにホイップクリームをのせて、その上にシナモンパウダーをのせても、かなり美味しいおやつになります。シナモンパウダーは溶けにくいこともあり、魚料理や肉料理の上に、香辛料としかけて食べると、食事でも摂取しやすいです。カレーなどには、かなり合うでしょう。独特の香りを持つのがシナモンでもありますから、適量を料理やドリンクに使用することです。

育毛効果のある食べ物

育毛効果のある食べ物として基本となるのは、タンパク質に亜鉛、そしてビタミンになります。健康な毛髪の成長を促進させうためには、この3つの栄養素はとても重要な鍵を握ります。育毛にタンパク質が絶対に必要なのは、髪の毛がケラチンタンパク質でできているためです。正確には99%ですが、それでもほとんどがタンパク質なのです。タンパク質の食べ物としては、肉類や乳製品、たまごや納豆、穀物など、さまざまな食材に含まれています。抜け毛を防いで頭皮環境を整え、育毛にも必要となるビタミンも、必ず必要となります。特に育毛に関連してくるのは、ビタミンEやビオチン、ビタミンB群などです。ビタミンB2やビタミンB6は、細胞生成屋もうサイクルを手助けしてくれます。ビオチンは毛髪の健康維持に必要となります。ビタミンを豊富に含む食べ物は、野菜全般に果物などがメインです。ビタミンB2は、鶏卵や丸干しいわし、豚レバーなどにも豊富です。ビタミンB6は、まぐろや鶏むね肉、かつおなどにもたっぷりです。ビオチンは鶏卵やレバーに含まれます。ビタミンEは、アーモンドやモロヘイヤ、うなぎやかぼちゃにも豊富です。亜鉛の栄養成分も、必ず摂取をしましょう。食事で摂取したタンパク質成分を、毛髪に変化させるために、亜鉛は必須になります。特に亜鉛の含有量がずば抜けて多いのは、牡蠣になります。成人男性の1日あたりの亜鉛所要量を、牡蠣を6個食べることでクリアします。ほかにも亜鉛を豊富に含む食べものは、魚介類では煮干やスルメなどもあります。肉類ではビーフジャーキーや豚肝臓、牛肩肉なども多いです。乳類では、パルメザンチーズ やエダムチーズ、ほかにも卵黄や小麦胚芽にも豊富です。


▼育毛を始めるなら、主成分にデュタステリドを含むこちらの医薬品で
デュタス
▼育毛を始める前に抜け毛防止効果があるお薬はこちらから
ケトコナゾール